製品紹介Products

ホーム > 製品紹介 > 聴診器 > ドクター向け聴診器 > ステレオタイプ > ステレオフォネット プレミアム No.175

ステレオフォネット プレミアム No.175

新たな価値に出会うステレオフォネットの進化形

ステレオシリーズ最上級の膜面性能!
スタイリッシュなチェストピースフォルム!

175

製品特徴

  • ・ステレオフォネットシリーズの中で最も優れた膜面性能を持つ聴診器です。
  •  チェストピース(リングを含め)、耳管もステンレス製とし、より卓越した聴診性能を誇ります。
  • ・音の強弱や音質だけでなく、音の広がりや動き、音源の方向などより詳細な情報が聴診できます。 ステレオフォネットは左右が完全独立した集音・伝音の構造をしています。チェストピースは中央の仕切りにより左右に分割され、それぞれ独立したTWO-IN-ONEのチューブに接続されています。この構造により、従来型聴診器では埋もれていた重要な聴診音の左右差情報を得ることに成功しました。
  • ・チェストピースのデザインにもこだわりました。
  •  チェストピースはスタイリッシュなデザイン。磨き抜かれた鏡面仕上げ。

 

  • 【Stereophonetteによる聴診音例】
  • ◇呼吸音
  •  気管支音、肺胞呼吸音が広がりのある音として聴こえます。
  •  間質性肺炎による捻髪音(Fine crackle)が鮮明に聴こえます。
  • ◇心雑音
  •  血流の乱れによる心雑音は方向性をもって空間に広がる音として聴こえます。
  •  よって、心雑音の最強点の判別が容易です。
  •  大動脈弁疾患でのto-and-fro murmurは生々しい音で聴こえます。
  • ◇人工弁音
  •  人工弁の閉鎖音が聴き取りやすいです。
  • ◇正常心音
  •  Ⅰ音、Ⅱ音は点発生の音のため中央に定位した広がりのない音として聴こえます。

 

  • 【やさしくサポートするための機能があります】
  • ■回転ソフトイヤピース
  • ■耳孔にイヤピースがフィットしたまま耳管が回転するため、耳孔の摩擦を軽減しました。
  • ■可動式の耳管
  •  耳管は角度調節が可能です。耳孔に確実にフィットさせることで、音を逃さず、快適な装着感を得られます。
  • ■圧着加減が調節可能なバネ
  •  日本の焼き入れ技術が生かされた、丈夫でしなやかなバネは長時間の装着でも耳孔に負担をかけないように圧着加減が調節できます。
  • ■右の音は右耳へ、左の音は左耳へ伝えます。

  • ■チェストピース断面図

  • ■TWO-IN-ONEチューブ

  • ■回転ソフトイヤーピース

  • ■可動式耳管

  • ■圧着加減が調節可能なバネ

仕様・スペック

ステレオフォネット プレミアム No.175 仕様・スペック

別売品 / 補充品

■リング

製品写真 品番 品名
1175D011 175 リング 研磨
1175D012 175 リング 黒

■振動板

製品写真 品番 品名
ステレオ用ダイヤフラム 1172D051 ステレオ用ダイヤフラム

■イヤピース

製品写真 品番 品名
1138F511 ソフトイヤピースセット ブラック (大小)
シーリングチップ ケース入り マットブラック6パイ 0137B551 シーリングチップ ケース入り マットブラック6パイ
   1095B083 シーリングチップ 6Φ マットBK S

※掲載の画像と実際の商品の色は多少異なることがあります。
※製品の仕様は改良のため予告無く変更することがあります。

 
ページトップへ